キャリアログインタビューシリーズ あのエンジニアのキャリアがしりたい!

Interview第6回

木下流 人との出会いを自分の変化へと繋げる。
情報を開き、人と交わる。「共有」することで得られる知見

木下 史彦 会員登録して、キャリアログを見よう。

年齢40

事業開発会社

1998年、同志社大学工学部卒業後、ソフトウェアベンダーに入社。組込システム、Webシステムなどの開発に従事。2005年頃からエクストリームプログラミングを開発現場で実践。2006年、永和システムマネジメントに入社し、アジャイルなソフトウェア開発を実践/推進。2008年にカナダで開催された「Agile2008 Conference」にてアジャイルプラクティスの実践事例を発表。2010年には「価値創造契約」を提唱し、ソフトウェア受託開発の新しい形を示した。2014年、アジャイル事業部事業部長に就任し、現在に至る。ソフトウェアの利用者への《共感》と《アジャイルなプロセス》と《妥協のないエンジニアリング》をもって、お客さまに価値を提供し続けることを目指している。

Twitter Twitter

Facebook Facebook

市谷

ここから現場での話を聞きたいんですが、今、木下さんがやりたいことは何ですか?

木下

アジャイル開発をちゃんとやる、ということですね。
平鍋さんが最近「アジャイル開発は Better Software Development を追い求めていく旅、つまり今より開発をよくする活動だと捉えたらどうか (参照記事)」と言っていたんです。アジャイルマニフェストの一番冒頭にも「We are uncovering better ways of developing software ...」と書いてあるんです。ソフトウェア開発のよりよいやり方を見つけ出そうという活動をずっと続けていきたい。アジャイル事業部としてやり続けていくことに価値があると思っています。

市谷

あらためてそう思われるのは、どういうところなんでしょうか?

木下

あらためて自分の軸を考えたとき、そこなのかと。かつては自分が疲弊し、みんなを疲弊させていた、それをどうにかしたかった。あとはお金を出す人や管理する人、仕様を考える人が偉いという環境の中でプログラムを作るという職業を認めてもらいたかったし、周りから承認されたいという欲求もかなり強くありました。それで外に出て発信し始めたのかなと。
あ、でも最近はそういう気持ちも少なくなってきました。プログラムを書ける人の地位は向上していると思いますし、いまも疲弊する開発もあるとは思いますが、私の周りでは改善されてきた。周りの人はみんなプロフェッショナルなので一緒に仕事をするのは楽しいし、心地いい、そういったことがモチベーションになっています。

市谷

モチベーションが変わってきた?

木下

最近、二足のわらじですが、お客さんの組織をよりよくする活動もやっています。お客さんのところに行ってコンサルをさせていただくとき、自分も経験者ですが、アジャイル開発とかXPとかをやっていて、ある瞬間、ポンと人が変わるときがあるんです。あんまり喋らない人が急に上司にも物怖じせずに話すようになって「この人、こんなだったっけなー」みたいな。他人の人生が変わる瞬間に立ち会えることなんて、そうそうあることじゃないですか。最近はそういった瞬間に立ち会えることがモチベーションというか、嬉しいですね。

市谷

僕らは日々、いろんな人や物と出会っているじゃないですか。その中で後からふりかえってすごく大事な出会いって、他と何が違うんでしょうね。

木下

タイミングだと思うんですよね。例えば平鍋さんとの出会いにしても、その5年前だったら同じ話でも響かなかったし、5年後だったらもっと違う印象だったと思う。XPをやり始めて自分たちが試行錯誤していたというタイミングで、平鍋さんの話を聞いたことと、XPをやり始める前に結構大変なプロジェクトで疲弊した経験もあって、当時の自分にガツっと響いた、自分の問題意識とマッチしたということかなと思います。

市谷

もっと開発をうまく、いい感じにしたいという問題意識に響いたんですね。当時、他にもXPやアジャイルの話をしている方はいましたが、平鍋さんの言葉が特に響いたというのは、木下さんの問題意識に一番近い、刺さる内容だったんですか。

木下

一番は「楽しくやろうよ」というのが伝わってきたんですね。平鍋さんって、すごく楽しそうに喋るじゃないですか(笑)。自分たちでできるちょっとした工夫からはじめて、こんな風に仕事を楽しんでいいんだ、というのが大きな気づきでしたね。それから自分たちのプロジェクトでも色々と工夫をしたというか、ハメを外すようなこともやっていまいた。その結果が市谷さんも聞いてくれた2006年のXP祭りの発表 (復刻版)だったんです。

市谷

木下さんが2005年に現場でやっていたことを話してくれたんですよね。

木下

今と比べるとアジャイル開発という意味では全然できていなかったけれど、それはそれで楽しかった。そこから自分たちで工夫して仕事を楽しむコツが分かりました。

市谷

仕事を楽しむ姿勢は今も続いているんですか?

木下

続いています。コンサルの仕事で現場に行った時にも私自身が工夫して楽しみながらやってきたプラクティスの話しはしますし、アジャイル事業部の運営面でも事業計画書を公開したり、他の会社さんと交換留学したり、楽しみながらできるチャレンジをどんどんやっていきたいと思っています。

市谷

これはぜひ聞きたかったんですが、将来ずっとプログラマーを続けるのか、マネージャーをやっていくのか悩むプログラマーが多いですよね。木下さんはグループ長とか事業部長になる道を選んだんですが、もし目の前にその問題で悩んでいる人がいたら、どんな言葉をかけますか。

木下

どっちがいいとかって言えないですよね。私の身の回りではプログラマーのままがいいという人が圧倒的に多いですし。

市谷

どういう人がマネージャーに向いているんですか?

木下

こういう人が、って言えないですね。ぐいぐい引っ張っていく人もいれば、裏方にまわって周りをもり立てていく人もいるし、マネージャーのタイプも色々ですし。やったことがないからできないと思いこんでいるだけかもしれないですし。あきらめて長をやりなさい、というネガティブな話じゃなくて、やってみないと分からない。

市谷

組織の中で役割を担うって、ものを作るということとは明らかに違うじゃないですか。モチベーションを保つにはどうしたらいいでしょう?

木下

周りから言ってあげるのは大事だと思います。事業部長になる時に私は「好きにやっていいよ」と言われましたが、同時に何を期待されているのかはちゃんと伝えてもらえた。ポジションの話じゃなくて、どういう期待していて、何をやってほしいのか。私の場合は、自分でプログラム書いた経験がある。メンバーと一緒にプロジェクトをやったことがある。コミュニティとの繋がりもある。だからこそ同じ立場に立って考えられる、というのは期待されていたと思いましたね。

市谷

一緒に現場でやっていたプログラマーがマネージャーになるからこそ、プログラマーの立場で考えられて、マネージャーの振る舞いができる、という良さもあるんですね。

木下

そうです。典型的な「The マネージャー」じゃなくてもいい。いろんなスタイルがありますからね。私もマネージャーらしいことは何もしてないですよ。みんながちゃんと時間通り来ているかもチェックしないし、プロジェクトの進捗とかも聞かないし。売上の数字とかもそんなに見てないです。

市谷

じゃ事業部長は何をやってんですか?(笑)

木下

と思うでしょ?(笑)さっきの話と繋がりますが、今やっているのは、プログラマーのままでいたい人のキャリアパスを整備する社内制度を作ったりとか、採用に関わったりとか、外部に発信することもやっています。自分自身が発信することもありますし、プロモーション的なところを考えたりとか。

市谷

私の周りではビジネスを作るために、クライアントの上の方の人と会うとかいうことをやっている経営者が多いんですが、そうではなく組織づくりとか内側の方に時間を割いているんですね。

木下

そうですね。もちろん、お客さまと直接話しをしないと、現場のことが分からなくなりますので、お客さまのところに行くこともあります。

市谷

そういう意味で「アジャイル事業部ならでは」とは何なんですか?

木下

それはホームページに書いてあります(笑)。「永和システムマネジメントアジャイル事業部はRubyとアジャイルに関連する技術力をさらに先鋭化させ、業界にとって必要不可欠な存在となるため、より専門性を高めた組織です」。

市谷

つまり業界にとっての必要不可欠な存在になることですね。業界にいる人が「永和システムマネジメントさんがおらんとアジャイルもRubyも全然もうまいこといかん」という。

木下

それから「アジャイル事業部ならでは」ということでいうと、コミュニティとの繋がりですね。社内と社外の敷居をどんどん下げて、この人と一緒に仕事がしたいと思った人 (お客さまとも開発者とも) と繋がっていきたいですね。

市谷

最後に、先ほどの話と少しかぶるのですが、どういう道を選ぶか悩んでいるエンジニアに対して、先輩としてアドバイスを。

木下

コミュニティとか勉強会とか、人に会いに行くことは意識していました。行くと最近は「プロはお断りです」と言われるので行きづらくなったんですが(笑)。 行くだけではなく、そういう場で発表をして、知見を共有することも大事です。XPの白本にも「エクストリームプログラマーになるには、コミュニティに参加して自分の知っていることを誰かに伝えるしかない」と書いてあります。自分で応募して発表しに行くって結構大事かなと思っています。「講演してくれ」ってオファーが来ることなんて、そうそうないので。2006年のXP祭りのときも2009年にデブサミではじめて発表したときも「発表したいです」ってスタッフの方にお願いして発表の機会をいただきました。

市谷

私にとって、2006年の木下さんのお話は、随分と転機となりました。懐かしいですね。あれから、私自身も様々なことがあり今にいたっています。と考えると、私が、ギルドワークスという会社があるのも、木下さんのおかげですね(笑)。あの時を、話をしてくれたからこそ。

木下

そうですよ(笑)。あのとき、私が発表していなかったらこの場もなかったかもしれないですね。

市谷

いろいろ、ありがとうございます。

オフィスを出て、先輩の話を聞きに行こう。 〜キャリアログ・ミートアップ〜

本インタビューですが、ご好評頂いておりまして、インタビューイの方をお招きしてのイベントを開催することに致しました。

記事ではできない、インタラクティブなやりとりが可能となりますので、ぜひご興味のある方はご参加ください。

今回のインタビューイの木下さまの キャリアログ も公開中です。キャリアログのdiffを取って、ぜひ今後の自分戦略を考える参考にしてください。
なお、キャリアログをご覧になるには 会員登録 が必要です。会員の方はログインしてください。まだ会員でない方は、ぜひ 登録(無料) していただきキャリアログをご利用ください。

第7回を読む

第5回を読む