キャリアログインタビューシリーズ あのエンジニアのキャリアがしりたい!

Interview第3回

小芝流“やってみなはれ”の極意【前編】
組織づくり仕組みづくりの原点は公園の砂場にあった!?

小芝 敏明 会員登録して、キャリアログを見よう。

年齢36

事業CTO

2003年、大阪経済大学経営情報学部を卒業後、独立系SIerに入社。マイグレーションや基幹系業務システム開発等に携わる。2008年、知人の興したシステム開発会社に転職。仕事は充実していたが、より直接的に事業に携われる職場を求めて2010年にVOYAGE GROUP入社。2013年、イラストコミュニケーション・サービスで知られるピクシブに転職し、広告配信システムの開発や開発チームマネジメントを手掛ける一方、人材採用や育成など今までにない業務に従事してキャリアを伸ばす。2015年6月、アニメイトラボ最高技術責任者(CTO)に着任。現在に至る。

Twitter Twitter

Facebook Facebook

市谷

小芝さんと勉強会で知り合ったのは2008年だから、もう8年になりますが、小芝さんは良い意味で変わりませんね。アニメイトラボのCTOに就任したのはいつでしたっけ?

小芝

2015年6月です。それまではピクシブでエンジニアの育成や採用などに携わっていました。その年の春頃、アニメイトラボで内製化のためエンジニアを採用・育成する体制を整えたい。任せられる人材はいないかという相談を持ちかけられて、ぜひやらせてもらえませんかと、手を挙げたんです。CTO着任当初はエンジニアが1人在籍しているだけでしたが、現在は十数名の開発体制になり、新卒も採用しました。会社としても二期目に突入しましたから、次の事業展開に向けてアクセルを踏んでいきたいと思っているところです。

市谷

若手エンジニアにとってCTOはある意味花形だと思いますが、どのようにしてそこにたどり着いたのでしょう。

小芝

もともとエンジニアに憧れていて、中学生のころからプログラミングに挑戦していました。進路もその視点で選び、大学は大阪経済大学の経営情報学部を卒業しました。新卒で勤めた会社は独立系SIer。同期四十数名と一緒にJava研修などを受けていたのですが、僕だけ早々に研修を終えて現場に入らせてもらえたんです。その現場で携わったのはレガシー・マイグレーションでした。その後も、別のマイグレーション案件や金融系基幹業務システム開発など、エンタープライズofエンタープライズという感じの仕事をしていました。

市谷

エンタープライズofエンタープライズ。私も同じ畑ですね。

小芝

就職から5年が過ぎたころ、東京で起業した知人に誘われて転職を決意。妻と一緒に東京に出てきました。キャリア2社目となるシステム開発会社は客先常駐型で、いろいろな現場で仕事が出来て充実していました。運用支援を受託していた取引先では当初予定の業務だけでなく、プラスアルファの改善も提案し、客先で大変に喜ばれました。改善したことで運用支援が不要になり、経費を節約できるようになったからです。僕自身、キレイに仕事が完遂して満期を迎え、大きな達成感を味わっていました。ところが社内の反応はちょっと予想外でした。「もうちょっと時間をかけて、契約期間を延ばせなかったの?」と言われた。

市谷

運用支援が不要になれば顧客は喜ぶけれど、自社にとっては取引先が一社減るから、と。

小芝

確かに自社のビジネスモデルを考えれば、契約延長の方がいい。それは分かります。でも、手を抜くなんて職業倫理としてあり得ないでしょう。だからと言って、自分自身がその商流を覆せるほどのスーパーエンジニアになれるとも思えない。あの一言は冗談交じりだったとは思いますが、自分の努力ではどうにも変えられない壁のようなものを感じて転職しようと思いました。次の職場ではそういう商慣行に惑わされることなく、現場と一体になって開発がしたかったから、事業会社を選びました。その会社ではメディア事業に携わったほか、アジャイルのソフトウェア開発を社内に広める部署にも所属していました。

市谷

VOYAGE GROUPですね。そのあとにピクシブへ転職したのは、なぜですか?

小芝

同人活動をやっている友人の影響が大きかったです。彼らの創作活動に対する熱意やひたむきさに触れるうちに、こういうものに携わる仕事をしたいと思うようになりました。VOYAGE GROUPの仕事は楽しかったし、職場環境も待遇面も一切不満がなかっただけに、ものすごく悩みましたよ。本当に転職していいのだろうかと。

市谷

でも、そのときに思い切って決断したことが、今の仕事につながるわけですから、ご縁だったんでしょうね。さまざまな仕事に携わりながらキャリアアップしてこられましたが、これから挑戦したいことはありますか?

小芝

もう少し手を動かしたいですね。ぼくはずっとエンジニアを続けたい、技術に足を浸していたいんです。でも、そのためには結果を残さないといけません。ぼくの立場だと、ただ単に「ものが出来ました」という結果ではなく、マーケットインパクトや利益といったことも含めてトータルで結果を出す必要があります。その結果を積み上げながら、手を動かしていきたいですね。最近になって、先輩方が『過去の貯金で食べている』『手癖で出来ている』って言っていた意味が実感として分かってきたんです。過去で食ってるって、もの凄い危機感なんですよ。手を動かせなくても、勘だけは身に着けておかないと、このままでは口ばかりのオッサンになりそうであかん!と思っています。

市谷

小芝さんが、あかんオッサンですか(笑)。

小芝

実際、腕のいい若者が次々入社してきますからね。いまは会社の立ち上げ期なので、ぼくがプログラムを書いてばかりもいられないし、任せられることは若手に任せる方がいい。ぼくは彼らと同じことをやってもダメなんです。事業全体を見渡して、彼らがすべきところ、自分が手を動かした方がいいところを見定めてやっていきたいですね。

市谷

結果を残すためにプロジェクトを管理して、組織をつくる。それがCTOの役割ということでしょうか。

小芝

組織づくりはぼくの役割のひとつだと思っています。頼りになる良いメンバーと、良い仕事をして、良いプロダクトを作って、良いインパクトを与える。そのためには良いチームが必要。一人で仕事をしているのではなく、誰かと一緒につくっていくわけですから、仕事全体のなかで組織づくりの比重は大きいですね。仕組みを構築するという意味ではぼくの専門分野というか、得意分野かなとも思います。

市谷

仕組みづくりは、もともと興味があったんですか?

小芝

広義の仕組みづくりは昔から好きでした。子どものころは砂場遊びで水路をつくるのが好きだったな。水路をつくって、水を流して、それをせき止めて。そんな箱庭づくりが原体験な気がします。

市谷

分かる! 水路づくり、僕も好きやったなー。

小芝

砂場遊びのあとは一足遅れのマイコン少年でした。ベーマガ(マイコンBASICマガジン)を読んで、MSXで打ち込んで、ゲームを作ってみるけれどうまく動かなかったりして。そのあとは趣味でプログラムを書いては公開していましたから、やっぱりそういうことが好きなんですよね。ただし、仕組みはつくっても、ルールはあまりつくりたくない。ルールをつくると保守が必要になるし、人間の理解を超えたルールをつくればワークしなくなりますから。

市谷

ルールがなくても、放っておいてうまくいけばそれが一番楽だなとは思います。

小芝

そうだよね。でも、組織としては何らかの決め事は必要だから、メンバーには「決まり事をたくさん作りたくない」ということを、機を見て伝えていこうと思っています。情報伝達は難しいですよ。情報は減衰するし、決してコミュニケーションが上手な方ではないと自認していますから。そのなかでどうやって自分の理想と、みんなの理想を作っていくか。チャレンジングな仕事だと思います。ぼくが言うのもおこがましいけれど、それが最近のCTO業じゃないかな。

市谷

砂遊びもマイコンも1人仕事ですよね。でも、いまはチームの力が必要だと思っている。みんなで協力してつくるという発想に変わったのは何かきっかけがありましたか。

小芝

うーん……。一人ではようせん(できない)ということかな。技術スタックがたくさんあっても、考える時間が必要だし、スピードも限界があるし。構想は一人で描けるけれど、実現は難しいんですよね。

市谷

周囲を巻き込んでいくために心掛けていることがあれば教えてください。

小芝

気の利いたことが出来ればいいんだけど、ぼくはそういうタイプではない。
自分に出来ることは先陣を切ることしかないかなと。後方で統制するのではなく、自分から突撃して、前に立って矢玉を浴びるわけです。現実の場面では最初に声を発するとかね、そういったことを意図的に実践しています。

オフィスを出て、先輩の話を聞きに行こう。 〜キャリアログ・ミートアップ〜

本インタビューですが、ご好評頂いておりまして、インタビューイの方をお招きしてのイベントを開催することに致しました。

記事ではできない、インタラクティブなやりとりが可能となりますので、ぜひご興味のある方はご参加ください。

今回のインタビューイの小芝さまの キャリアログ も公開中です。キャリアログのdiffを取って、ぜひ今後の自分戦略を考える参考にしてください。
なお、キャリアログをご覧になるには 会員登録 が必要です。会員の方はログインしてください。まだ会員でない方は、ぜひ 登録(無料) していただきキャリアログをご利用ください。

第4回を読む

第2回を読む