キャリアログインタビューシリーズ あのエンジニアのキャリアがしりたい!

Interview第2回

増田流ソーシャル・チェンジ論【後編】
興味があることを掘り下げることが次のキャリアを切り拓く

増田 亨 会員登録して、キャリアログを見よう。

年齢59

事業アプリケーションアーキテクト

1980年、東京大学文学部を卒業後、富士通に入社。管理系の部署に配属されるが、コンピュータやソフトウェアの開発に従事すべく退職。電子会議システム販社やコンサルティング会社などを経て、2000年にEC開発会社の社長に就任。2003年に個人事務所を設立。さまざまなプロジェクトに携わるなかで、当時会社員だった市谷聡啓(現・ギルドワークス代表)と出会って意気投合。2014年、ギルドワークス取締役に就任し、現在に至る。

Twitter Twitter

Facebook Facebook

市谷

前回のインタビューでは、技能に見合った対価と出来高払いが当たり前になり、エンジニアが生き生きとものづくりに励める世の中にしたい、というお話を伺いました。思い描く社会を実現するために、いま増田さんが取り組んでいることを教えてください。

増田

伝える力を高めたいと思っている。最近、コードを書いているんだよね。僕のプロジェクトの人員が別件に駆り出され、コードを書けるエンジニアがいなくなったから書き始めただけなんだけど、手を動かすとそれなりに発見もある。
実はsetter/getterの撲滅に成功したんだよ。そのソースコードをみんなにも知ってもらいたいから、起動時にガイドページが立ち上がるようにした。いままでも現場や勉強会でコードを教えてきたんだけど、それだと限界があるんだよね。いまは見て触って楽しめるように工夫もしている。そうやって伝える力をもっと高めていきたい。

市谷

現場や勉強会で教えるだけでは伝わらないから、ユーザーガイドと共にコードを提供する、というわけですね。それは増田さんにとって大きな変化なのではないでしょうか。

増田

昔の自分はガイドページなんて無駄だとさえ思っていたよ(笑)。でも、どんな製品にも取扱説明書はあって、ユーザーガイド駆動も製品の一部なのかもしれないと思い直した。きっかけは『オブジェクト指向入門』という書籍を読んだこと。その本には、オブジェクト指向を教える際には生産者となる前に利用者の立場で味を覚えさせることが大切だと書いてあった。つまり、最初からクラスの設計を教えるのではなく、良いクラスを味わわせて「こうなっていると確かに良い」「中身はどうなっているんだろう」と思わせることが、その後のものづくりに生かされるというわけ。

市谷

なるほど、確かにそれは良さそうです。これまでも様々な経験や試行錯誤があったと思いますが、増田さんご自身のキャリア形成に大きな影響を及ぼした出来事を教えて下さい。

増田

一番大きな出来事は独立したことかな。会社員のままだったら、ソーシャル・チェンジという発想にはならなかったかもしれない。何かをしたいと思っても、会社が許さない可能性があるし、仮にオーソライズされたとしても、社内調整を図りながらソーシャルの活動を推進していくのは並大抵のことではないから。

市谷

会社員だと会社やチームという単位で考えることはできても、「職種として」「職人として」というレイヤーでは物事を捉えられないかもしれませんね。一方で、技術的にはいかがでしょうか。キャリアの転機になった技術はありますか?

増田

やっぱりドメイン駆動設計だね。そして、その前提としてのオブジェクト指向とXP(エクストリーム・プログラミング)。と言っても、ドメイン設計に出合って変わったのではなく、技術負債が山積みの現場を任されて、どうしたものかと苦しんでいるときに出合ったのがドメイン設計だった。いろいろな技術にあたった結果、一番琴線に触れたんだよね。実際に、ドメイン駆動設計やオブジェクト指向設計をやることで劇的な改善効果を体験できたことが大きい。

市谷

ドメイン駆動設計、オブジェクト指向、XP。すべてケント・ベックが提唱するソーシャル・チェンジのキーワードですね。

増田

そうだね。コンピュータ技術なら何でもソーシャル・チェンジができるわけではない。オブジェクト指向には再利用性や堅牢性といった特徴があるけれど、手続型プログラミングの発想で書いているうちは人海戦術を避けられず、労働集約モデルから抜け出せない。古典的な名著「オブジェクト指向入門」を書いたバートランド・メイヤーは「オブジェクト指向は分業ではない。工程がシームレスであることがオブジェクト指向の重要な基準だ」と言っている。機能単位のモジュール化は分解のしやすさというメリットがあるけれど、部分的に切り出せないし、想定外の組み合わせで新しい機能を実現するといったことが出来ないんだよ。オブジェクト指向は、そういう切り出しや組み合わせの変更で楽で安全になる技法なんだよね。

市谷

次に、いま振り返って「キャリアの転換点」だと思う出来事はありますか?

増田

それはもうひとつしかない。市谷さんのツイート!

市谷

え? 僕ですか?

増田

もう10年近く前かな。市谷さんが「masuda220と言う人を知りませんか」とツイートしたでしょう。そのころ、僕は雇われ社長を辞めたばかりで、とりあえず起業して食べるには困らなかったけれど、生き生きと仕事をしているとは言い難い状況だった。そんなときに、市谷さんとの交流が始まり、勉強会にも顔を出させてもらうようになり、「何かが変わるんじゃないか」という期待感を持ち始めた。一人の世界に閉じこもっていた僕が、市谷さんとの出会いで変わり、気づけばこうして同じ会社で仕事をしている。ひとつのツイートが僕の人生を変えたんです。

市谷

あのとき、僕はドメイン駆動設計の話ができる人を探していたんです。そうしたら友人が増田さんのブログを紹介してくれて、twitterを使えばどこかでつながるかなと思ってツイートしたら、本当に増田さんにつながった。やっぱりtwitterはすごいなあと思ったんですよね。

増田

実はそのころ、SNSのビジネス利用について相談を受けていて、いろいろ実験をしていたんだよ。だから、直接フォローしていない人たちのコメントでも「masuda220」「ドメイン駆動設計」が含まれるツイートには食いついていた。そういう意味では必然だったかもしれないけれど、ある部分ではまったくの偶然だったね。

市谷

縁は不思議なものですね。キャリアの上で後悔していること、やめておけばよかったと思っていることなどはありますか?

増田

後悔ではないけれど、富士通については、退職せずに頑張るという選択肢もあったとは思う。

市谷

ぜそう思われますか。やり残したことがあるとか?

増田

キレイ事に聞こえるかもしれないけれど、学卒で入社して、社会人として育ててもらったと思っているから。
社運を賭けたプロジェクトの末席に加えてもらって、その熱気を当事者として感じることができたし、パソコン通信とかオブジェクト指向とか並列コンピューティングとか、1980年代当時の最先端に触れることができた。この体験は大工の宮坂さんとの交流と同じくらい、僕にとっての原点なんだよね。

市谷

富士通を退職しなかったら、どうなっていたでしょうね。

増田

うーん、結局は続かなかったと思う(笑)。もうひとつ、こうしておけばよかったと思っているのは雇われ社長時代のこと。勤務先のEC部門を分社化することになり、僕が8人を率いて社長になったんだけど、組織作りがうまくいかなかった。あのころは「ごちゃごちゃ言うくらいなら、自分で作る!」と言って、本当に何でも自分で動いていたんだよね。現場のリーダーならそれでもいいんだろうけど、社長の仕事はそういうことではないし、給料やボーナスもかなり過酷なことを強いたと思う。一言で表せば、完全に若気の至り。周囲への要求レベルが高過ぎたんだ。

市谷

耳が痛いです。僕も周囲に、要求し過ぎの傾向があるので。

増田

一緒に仕事をする仲間に期待するのは自然な発想だよ。ただ、期待に沿わなかったときの態度が、僕の場合は極端すぎた。多くの人の人生に影響を及ぼすのだから、もっと丁寧に組織を作ればよかったと思っている。

市谷

最後に、キャリア形成に迷っている人たちにアドバイスをお願いします。

増田

面白いと思ったことはとことんやること。そのほうが断然面白くなるし、僕自身はそうやって技術を覚えてきた。ただし、掘り下げ方が重要。面白いと思った技術の利用者になるのではなく、その技術の中身がどうなっているか、誰がどんな風に作っているのかを掘り下げてほしい。バグを見つけたら、直して満足するのではなくではなく、根本的な原因を探求すると、それが勉強になる。
興味があれば、大変でもできるはずなんだよ。逆に言えば、それが出来ないってことは、興味がないってこと。あと、僕はひとつの技術だけを掘り下げるのではなく、あちこちつまみ食いをしたことが、自分の専門性を深めることになったと思っている。たとえば、僕の専門言語はJavaだけど、新しい言語には積極的に手を出すようにしている。どのくらいの数の言語を触ってみたか分からない。でも、それがJavaの技術を磨く上で財産になっているんだよね。そうやってどんなことにも興味をもって知見を広げながら、同時にひとつの専門分野をとことん掘り下げると、見えてくる世界があるよ。「広げながら掘り下げる」ことを意識しながら、自分のキャリアを思い描き作っていけばいいじゃないかな。

市谷

ありがとうございました。

オフィスを出て、先輩の話を聞きに行こう。 〜キャリアログ・ミートアップ〜

本インタビューですが、ご好評頂いておりまして、インタビューイの方をお招きしてのイベントを開催することに致しました。

記事ではできない、インタラクティブなやりとりが可能となりますので、ぜひご興味のある方はご参加ください。

今回のインタビューイの増田さまの キャリアログ も公開中です。キャリアログのdiffを取って、ぜひ今後の自分戦略を考える参考にしてください。
なお、キャリアログをご覧になるには 会員登録 が必要です。会員の方はログインしてください。まだ会員でない方は、ぜひ 登録(無料) していただきキャリアログをご利用ください。

第3回を読む

第1回を読む